ここから本文です

【ウインターカップ特集】過去2大会の雪辱を晴らすため、どこからでも得点可能な布陣で桜花学園が挑む

12/3(火) 7:30配信

バスケットボールキング

12月23日から29日の期間、都内で開催される「SoftBank ウインターカップ2019 令和元年度 第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会」。高校バスケット界で最も注目の集まる“冬の祭典”に向け、バスケットボールキングでは大会の注目チームをピックアップした。

決勝に進むことのできなかった過去2大会

 桜花学園高校にとって絶対に負けられないのが今年のウインターカップだ。

 というのも過去2回のウインターカップを振り返ると、一昨年は準決勝で敗退し最終的に3位。続く昨年大会ではベスト4決めを懸けた準々決勝で敗れるなど、常勝軍団と呼ばれる桜花がこの2年、決勝の舞台に立っていないのだ。

 特に昨年の準々決勝・昭和学院高校(千葉)戦ではメインコートにすら到達できず。「あの時はスタート4人が下級生で3年生はキャプテン1人。昭和の3年生たちの気持ちに負けたのかなと思います」と今年のチームでエースを担うオールラウンダーの平下愛佳(3年)は当時を振り返った。

 その平下をはじめ、体の強さに定評のある岡本美優(3年)、攻撃型ガードの江村優有(2年)、高さと強さを生かしインサイドに君臨するオコンクウォ・スーザン・アマカ(2年)と、チームは昨冬に悔しい思いをした4人が今年も主力に名を連ねる。そしてもう一人、3ポイントシュートを最大の武器とする前田芽衣(2年)が加わったことで、より一層どこからでも得点可能な布陣となった。

 この5人を中心に挑んだ夏のインターハイでは無類の強さを発揮。初戦となった2回戦から決勝まで100点ゲームで大勝すると、準決勝でも大阪桐蔭高校(大阪)に92-45とダブルスコアの差を付けて勝利。岐阜女子との決勝では中盤に追い上げられる場面はあったものの、72-59と完勝した。

国体も制し、選手層もアップして冬に向かう

 アマカの成長も著しかったインターハイ、そのアマカは今なお向上している最中だが、冬に向けては控えセンターの田中平和(3年)の頼もしい存在となってきた。
 
 加えて、今年から出場資格が16歳以下(高校2年生の早生まれから中学3年生まで)となった「国民体育大会」で優勝を果たした朝比奈あずさに平下結貴、伊波美空と1年生たちもしっかりと経験を積んだことも大きい。チームは確実にレベルアップを図っていると言えるだろう。

 だが、指揮を執る井上眞一コーチはインターハイ以降の遠征などを踏まえて「オフェンスリバウンドとフリースローの確率」を課題に挙げ、強化には抜かりはない。

 国体では自らが指揮を執ったため、チームの本格的な強化は国体を終えた10月以降となったが、「平成元年に3冠を獲得したので、令和元年でも3冠獲得をしたいと思います」と井上コーチは今年にかける特別な思いも語った。

「ウインターカップは3年生と下級生の温度差があるとは思いますが、3年生が練習から気持ちを出してやっていれば(下級生は)必然的に付いてきてくれると思うので、3年生が熱量を出してやっていきたいです」と岡本。

「ウインターカップはお祭り感がある大会。その雰囲気にのまれないように、しっかり自分のプレーをしたいです」と平下も決意を新たにした。

 岡本、平下ら3年生にとっては未だ立ったことのない決勝の舞台へ。優勝候補筆頭の桜花は、過去2大会の雪辱を晴らすため、一戦必勝で頂点へと勝ち上がっていく。

1/4ページ

最終更新:12/3(火) 11:24
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事