ここから本文です

マツダ顔? ランクルサイズの3列シートSUV新型「キャデラックXT6プラチナム」日本上陸! レクサスLXの対抗なるか

12/3(火) 20:56配信

くるまのニュース

全長5060mmのアメリカン・ラージサイズSUV

 ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、最新のキャデラックデザインと安全装備を備えた6人乗りクロスオーバーSUV、キャデラック「XT6プラチナム」を2019年12月3日に発表、2020年1月1日から販売を開始します。

マツダ「CX-8」のライバル!? キャデラック「XT6プラチナム」を画像で見る(37枚)

 XT6は、2019年のデトロイトモーターショーで発表された6人乗り3列シートのクロスオーバーSUVです。

 スリムで高機能なLEDヘッドランプや縦基調のランニングランプ、高輝度のクリスタルメッシュグリルなど、次世代に向けて進化していくキャデラックSUVデザインの方向性を採用しています。

 全長5060mm×全幅1960mm×全高1775mmと、フルサイズのSUVになります。ホイールベースは2860mmです。

 搭載されるのは「LGX」と呼ばれる3649ccのV型6気筒DOHC自然吸気エンジン。314馬力/268Nmを発生するこのエンジンは、V6のパワーが必要ない場合はアクティブフューエルマネージメントが作動、エンジンを4気筒モードで稼働させ、燃費性能の向上に寄与します。

 組み合わせるトランスミッションは9速AT。駆動方式はAWD(4輪駆動)で、ドライビングシーンに合わせて最適なドライブモードを選択可能です。

 XT6は安全装備も充実しています。対向車を直接照らすことなく夜間の視界を確保する「インテリジェント・マトリックスLEDヘッドランプ」を標準装備するほか、アダプティブクルーズコントロール、サイドブラインドゾーンアラート、リアカメラミラー、歩行者対応リアブレーキなど20以上の最新安全装備を搭載。セグメントでもっとも充実した標準安全装備を誇ります。
 
 車両価格は870万円(消費税込、以下同様)。XT6のデビューを記念したモデル「キャデラックXT6 ナイトクルーズエディション」も30台限定で用意され、こちらは910万円となります。左ハンドル仕様のみです。

 XT6ナイトクルーズエディションは、XT6プレミアムをベースに、熱感応式赤外線センサーにより前方の人や動物を認識し、ドライバーへの注意をうながす「ナイトビジョン」を特別装備。外装色にはシックなグレーの「サテンスティールメタリック(日本未設定色)」、内装色には「ジェットブラック」にブロンズカーボンを施し、プレミアム感を高めています。

 GMジャパンの若松格社長は「日本唯一のアメリカンラグジュアリーブランドがキャデラックです。自由民主主義の国のラグジュアリーSUVとはなにか、幅広い人に知っていただきたい」と語りました。
 
※ ※ ※

 XT6は全長5060mmのフルサイズSUVで、アウディ「Q7」(全長5070mm)やレクサス「LX」(全長5080mm)の直接的なライバルとなるモデルです。

 キャデラックのSUVラインナップのなかでは、「エスカレード」(全長5195mm×全幅2065mm×全高1910mm、ホイールベース2950mm)と「XT5」(全長4825mm×全幅1915mm×全高1700mm、ホイールベース2860mm)の中間に位置するサイズ感になります。

 なお、2020年には、XT5よりコンパクトなミドルサイズSUV「XT4」(全長4600mm×全幅1880mm×全高1630mm、ホイールベース2780mm)が日本に上陸予定です。

くるまのニュース編集部

最終更新:12/3(火) 21:08
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事