ここから本文です

ポチェッティーノ、早期復帰の意向を示す「魅力的なオファーはいくつもある」

2019/12/3(火) 4:10配信

超WORLDサッカー!

マウリシオ・ポチェッティーノ氏(47)が、指揮官としての早期復帰を明言している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

先日、今シーズンの成績不振によりトッテナムを解任されたポチェッティーノ氏。すでに次なる就職先としてアーセナルやマンチェスター・ユナイテッドが候補に挙がる中、母国アルゼンチンでの休養を取った後、『フォックス・スポーツ』のインタビューで早期復帰の意向を明かした。

「当面の最も重要なことは、トッテナムでの信じられない5年半から頭をスッキリさせることだ。再び自分自身を構築し直し、モチベーションを高めることが私の狙いだ」

「監督としてヨーロッパに戻りたい。アルゼンチンに戻る計画は今は考えられない。だが、家族のためならば話は別だ」

「しかし、あと数日は静かな時間が必要だ。それから何が起こるか見てみよう。今までの出来事を消化するのにあまり時間がなかったんだ」

「まずはアルゼンチンに戻り、家族や友人と会うことが最優先だった。母国に戻って10日間のオフを過ごしたことは最良の選択だったよ」

「だが将来に関してはヨーロッパに戻ることを期待している。英気を養うためにそれほどの時間は必要ない。提示されたプロジェクトを見定めていくよ」

超WORLDサッカー!

最終更新:2019/12/3(火) 5:08
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ