ここから本文です

磐田の守護神・カミンスキーが退団か? 今季で契約満了、新クラブは数日中に決定か

12/3(火) 11:17配信

超WORLDサッカー!

ジュビロ磐田のポーランド人GKクシシュトフ・カミンスキー(29)の退団が迫っているようだ。ポーランド『GOL24』が伝えた。

カミンスキーは、2015年1月にポーランドのルフ・ホージューフから磐田に加入。抜群の反射神経とショットストップの技術で、正守護神としてチームの最後尾で奮闘した。加入1年目はJ2リーグを戦うチームで41試合に出場。守護神としてチームのJ1昇格に貢献していた。2年目はJ1で20試合、3シーズン目は33試合、4シーズン目は32試合に出場。Jリーグ屈指のGKとして評価を上げていた。

しかし、在籍5シーズン目となった今シーズンは開幕から26試合に出場していたが、名波浩監督が退任し、後任の鈴木秀人監督も退任。シーズン3人目となったフェルナンド・フベロ監督就任後は出場機会が減少。ここ7試合は出場機会がなく、チームも残り1節を残してJ2への降格が決定していた。

磐田とカミンスキーの契約は2020年1月末までとなっているが、この契約は延長されないと見られている。また、妻のナタリアさんも自身のインスタグラムで「日本で最後の週が迫っていますか?」と投稿。引っ越しが近いことを窺わせる投稿を行なっている。磐田からのリリースはまだないものの、『GOL24』によると、カミンスキーの新クラブは数日以内に決まると見られている。

超WORLDサッカー!

最終更新:12/3(火) 11:17
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事