ここから本文です

キャデラックXT6日本発売 3列6人乗り、新型SUVの価格/サイズ/内装/スペックを解説

2019/12/3(火) 15:00配信

AUTOCAR JAPAN

はじめに XT6とは

(画像は北米仕様のものを含みます)

米国で高まり続ける大型SUV人気を受け、高級車ブランドのキャデラックが、新型車「キャデラックXT6」の日本導入を発表した。

【写真】キャデラックXT6日本発売 (42枚)

ゼネラルモーターズ・ジャパンが日本市場に送り出すのは、実用性と最新のデザイン・安全装備を備えた6人乗り新型クロスオーバーSUV「キャデラックXT6プラチナム」。発売日は2020年1月1日となっている。

7人乗りのフラッグシップSUV「エスカレード」と、5人乗りのミドルサイズSUV「XT5」の中間に位置するXT6。

最大の強みであるインテリアスペースは、2列目キャプテンシートの間を通って、3列目シートに乗り込むことができるというクラストップの室内空間を実現した。

最新の安全技術、最新のデザイン、ラグジュアリーな装備、そしてパワフルな3.6L V6エンジン。キャデラックにしか作ることができないアメリカンSUVの新型について、詳しく見ていこう。

キャデラックXT6 外観

キャデラックXT6が示すのは、ブランドの新たなSUVデザインの方向性だ。

スリムなLEDヘッドランプ、縦基調のランニングランプ、空力特性に優れたプロポーションを組み合わせることで、エレガントでありながらも存在感は十分。昼夜を問わず遠くから見ても、一目でキャデラックと分かるスタイリングを手に入れた。

個性的とも言えるフロントフェイスは、目元にインテリジェント・マトリックスLEDヘッドランプを標準で装備。対向車を直接照らすことなく、常に最適な夜間の視界を確保する。

ロア・グリル、サイドミラー、リアスポイラーは、理想的な空力・冷却機能・視覚の確保を実現すべくデザインが施された。「XT6」のロゴをあしらったサイドモールディングやイルミネーティング・ドアハンドルは、他のどんなブランドとも異なるゴージャスな佇まいを演出している。

日本仕様のボディサイズは、全長×全幅×全高が5060×1960×1775mmだ。

1/3ページ

最終更新:2019/12/3(火) 15:00
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ