ここから本文です

キャデラックXT6日本発売 3列6人乗り、新型SUVの価格/サイズ/内装/スペックを解説

2019/12/3(火) 15:00配信

AUTOCAR JAPAN

キャデラックXT6 内装

キャデラックXT6のインテリアは、クラスでトップレベルの室内空間を有するのが最大の特徴だ。

2列目、3列目のレッグスペースとヘッドクリアランスは、いかにもアメリカ生まれのクルマらしく、スペースには十分なゆとりがある。6人の乗員全員が快適でゆったりとしたドライブを楽しめることが、XT6の価値なのである。

2列目は電動可倒式のキャプテンシート。3列目は、荷物を積載するときのユーティリティを考慮し、電動可倒+倒立式のシートに。ラグジュアリーSUVといえども、利便性に妥協はない。

もちろん、トリム、ルーフライナーのスウェード材、セミアニリン仕上げの本革シート、こだわりのクラフトマンシップが生んだウッド装飾など、乗員が目にする素材は上質なものばかり。

また、各シートの温度を最適化するトライゾーン空調システムには、イオン発生機も装備。シートヒーターは1&2列目に、ベンチレーションは1列目シートに、さらに、ウルトラビュー・パノラマサンルーフ、クラストップの静粛性を追求したアクティブ・ノイズ・キャンセレーション技術など、多彩な装備を搭載している。

キャデラックXT6 パワートレイン

XT6に搭載されるエンジンは、CT6にも使用される「LGX」3.6L V6ユニット。アルミ合金製の自然吸気エンジンだ。

・最高出力:314ps/6700rpm
・最大トルク:37.5kg-m/5000rpm

これに組み合わされるトランスミッションは、伝達効率向上のために新設計された9速オートマティック。

直線的な操作が特徴の次世代電子シフターの採用により、従来の8速オートマティックに比べて、気付かないほどスムーズなシフトアップを実現する。

V6のパワーが必要ない場合は、アクティブ・フューエルマネージメントにより4気筒モードに。燃費性能の向上が期待される。また、ドライビングシーンに応じて選択できるドライブモードを用意した。

なお日本仕様は、滑りやすい路面でも安定した走りを実現するインテリジェントAWD(四輪駆動)モデルとなっている。

2/3ページ

最終更新:2019/12/3(火) 15:00
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事