ここから本文です

ライコネン「レースペースは良かった。できることはすべてやったので胸を張っていい」:アルファロメオ F1アブダビGP日曜

12/3(火) 7:10配信

オートスポーツweb

 2019年F1最終戦アブダビGPの決勝レースが行われ、アルファロメオのキミ・ライコネンは13位、チームメイトのアントニオ・ジョビナッツィは16位でレースを終えた。

【写真】2019年F1第21戦アブダビGP:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とキミ・ライコネン(アルファロメオ)

アルファロメオ・レーシング
キミ・ライコネン 決勝=13位
 できることはすべてやったのだから、堂々と胸を張っていいと思う。レースペースは金曜と土曜のペースより良くて、何度か面白いバトルにも加われた。ポイント獲得を目指して戦い、それは十分に可能だと考えていたが、最終的にはほんの少し届かなかった。

 1日休んで、ここでテストを行った後、いよいよシーズンは幕を閉じる。

 今シーズンはいろいろと学ぶことが多かった。この経験は来年に向けての改善に活かせるだろう。来季の自分たちの位置は予想できないが、さらに競争力を高めて新たなシーズンに臨みたい。チームとして、今年は多くの面で進歩したが、さらなる進歩を望んでいる。

アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=16位
 いい成績でシーズンを終わるために戦ったが、ポイントを獲ることはできなかった。グリッド後方からのスタートになり、チャンスが訪れた時にはそれを生かせるように2台で戦略を分けた。けれども、そのギャンブルは功を奏さなかった。

 僕自身、多くのことを学んだシーズンだった。それはメルボルンでまたスタートラインに並んだ時に、大いに役立つことだろう。予選とレースの両方について、シーズンを通じて進歩できたことにも満足しているし、もっと進歩できると思うと来年が楽しみだ。

 この冬の間もハードワークを続けて、どの領域で改善ができるかを理解し、2020年をさらにいいシーズンにするためにベストを尽くしたい。

[オートスポーツweb ]

最終更新:12/3(火) 11:06
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事