ここから本文です

クビサ「今年は難しいシーズンだったが、決して諦めなかった」:ウイリアムズ F1アブダビGP日曜

12/3(火) 7:30配信

オートスポーツweb

 2019年F1最終戦アブダビGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは17位、チームメイトのロバート・クビサは19位でレースを終えた。

【写真】 2019年F1最終戦アブダビGP:決勝レースを17位で終えたジョージ・ラッセル

■ロキット・ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=17位
 とても楽しいと同時に、タフなレースだった。ペースも相対的には良かったよ。スタートはあまりうまく行かず、何人かに抜かれてしまった。ピットストップ後のペースは、僕らの基準で言えば良かったから、レース後半に関しては満足している。

ロバート・クビサ 決勝=19位
 今年は難しいシーズンになり、今日のレースも楽ではなかった。だが、少なくともいくつかのバトルはあった。1周目にはジョージ(・ラッセル)と競り合って、ターン5で接触してしまった。

 その後の(アントニオ・)ジョビナッツィとの争いでは、それよりずっと激しい衝突があった。そこで右側のフロアにかなり大きなダメージを負い、それからの35周はひどく厳しいものになったんだ。

 総じて楽なシーズンではなかったが、少なくとも全力を尽くそうとトライし、決してあきらめなかった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:12/3(火) 11:04
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事