ここから本文です

西武小川、ほぼ倍増3300万円 1600万円アップも左打者への苦戦反省「左に打たれ過ぎ」

2019/12/3(火) 15:58配信

Full-Count

来季から背番号「29」へと変更「このままだとダメだと思う自分もいた」

 西武の小川龍也投手が3日、所沢市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、ほぼ倍増となる1600万円アップの年俸3300万円でサインした(金額は推定)。

【写真】「たまたま会いましたー!」 西武山川が巨人坂本と撮った奇跡の2ショットを公開しファン興奮

 来季から背番号を「44」から「29」へ変更することが発表になっており「このままではだめだと思う自分もいた。心機一転やっていきたいということで変えさせていただきました」と新しい番号を背負ってのさらなる飛躍を誓った。

 プロ10年目の今季は自己最多の55試合に登板。6月下旬に登録を抹消されたものの、1か月間の再調整を経て1軍に戻るとフル回転でチームのブルペン陣を支えた。小川は「左に打たれ過ぎかなと思っています」と対左打者に被打率.292と振るわなかった数字を挙げ「もっとビシッと投げられるようになりたい」と来季への課題を口にした。

 左打者を苦手にしている理由を問われると「コントロールがちゃんとしていなかった。コントロールは投げないとつかないので、投げ込みを続けていきたい」と分析し、今オフは精度向上を目指しトレーニングに励むプランを明かしていた。

安藤かなみ / Kanami Ando

最終更新:2019/12/3(火) 16:24
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事