ここから本文です

松坂が14年ぶりに西武復帰、巨人はビエイラと契約合意 …各球団発表、3日の去就は

12/3(火) 20:55配信

Full-Count

楽天はブラッシュ、ブセニッツ、宋家豪と契約更新

 西武は3日、中日を退団した松坂大輔投手との契約が合意に達したと発表した。1年契約。14年ぶりの古巣復帰となる。2年在籍した中日から退団を決めていた松坂は2日に公示された契約保留者名簿から外れて、自由契約となっていた。

【最新版】各球団発表、2019-2020年の引退、戦力外、自由契約一覧

 1998年のドラフト1位で西武に入団した松坂は2007年にポスティングシステムを利用してレッドソックスへ移籍。ワールドシリーズ制覇などを経験し、インディアンス、メッツを経て、2015年にソフトバンクに入団した。ソフトバンクでは右肩の故障に苦しめられて3年間で1軍登板わずか1試合のみ。中日に加わった昨季は6勝を挙げてカムバック賞に輝いたが、今季は1軍登板は2試合のみに終わった

 楽天はジャバリ・ブラッシュ外野手、アラン・ブセニッツ投手、宋家豪投手と来季の契約を更新したと発表した。年俸はブラッシュが2000万円増の1億4000万円プラス出来高払い、ブセニッツは2000万円増の9000万円プラス出来高払い、宋が3000万円増の4500万円でいずれも1年契約(金額は推定)。

 オリックスは黒木優太投手と育成選手契約を締結したと発表した。背番号は「124」に決まった。2016年のドラフト2位で立正大から入団した黒木は1年目に55試合に登板して6勝3敗2セーブ25ホールドの好成績をマーク。3年目の今季はキャンプで右肘内側靭帯の炎症を発症。6月にはトミー・ジョン手術を受けていた。

 巨人は来季の新戦力としてホワイトソックスからFAとなっていたチアゴ・ビエイラ投手との契約に合意したと発表した。2010年にマリナーズに入団。2017年8月にメジャーデビューを果たし、ブラジル出身者で史上4人目のメジャーリーガーに。2018年からはホワイトソックスでプレーし16試合で1勝1敗1セーブ、今季は6試合で1勝だった。背番号は「49」に決まった。

■パ・リーグ
【西武】
松坂大輔投手 契約合意

【楽天】
A・ブセニッツ投手 契約更新
宋家豪投手 契約更新
J・ブラッシュ外野手 契約更新

【オリックス】
黒木優太投手 育成選手契約

■セ・リーグ
【巨人】
T・ビエイラ投手 契約合意

Full-Count編集部

最終更新:12/3(火) 20:55
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事