ここから本文です

【阪神JF】クラヴァシュドール戴冠だ

12/3(火) 17:57配信

日刊ゲンダイDIGITAL

牡馬の強敵相手に②着

 クラヴァシュドールに注目だ。

 牡馬相手にキャリア2戦で新馬戦①着→サウジアラビアRC②着。この内容が実にいい。

 まずはデビュー戦。

 スタートを決め、道中は好位を追走。直線で進路を定めて追い出すと、エンジンがかかってグーンと伸びた。

 先に抜け出しを図った2頭をきっちりとかわしてゴールイン。上がり3F33秒1はメンバー中、最も速い。

 藤岡佑は「馬混みを気にしなかったですね。初戦から控える競馬ができたのはよかったです」と振り返る。

 そして、前走の重賞。

 ここは中団から。前を行く断トツ人気のサリオスを見ながら進めた。

 直線に入ると加速して並びかけた。いったんはかわすかと見えたが、相手も力強く伸びた。結果は1馬身4分の1差の②着。

 とはいえ、勝ちタイムの千六=1分32秒7はレコード。自身も従来のそれを0秒1更新する1分32秒9である。

 3F33秒1はサリオスと同じで最速タイ。この勝ち馬が来週の朝日杯フューチュリティSで1番人気が予想されるのだから価値あり。

「並びかけた時は“突き抜けるか”の感じ。相手が強かったですね。でも、よく頑張ってました」

 中間はミニ放牧を挟んでここへ。

 コース、坂路を併用して乗り込みは順調。先週は主戦が乗り、Cウッドで併せ馬を消化した。

 道中は僚馬を前に行かせて直線で併せる形。楽な手応えで1馬身半先着のフィニッシュ。タイムは6F87秒3―39秒0、1F11秒6だ。

「コースで乗ったのは新馬の前以来。あの時よりもしっかり動けていました。ええ、成長を感じました」

 強敵相手の前走の経験を糧に戴冠へ。期待が大きく膨らむ。

最終更新:12/3(火) 17:57
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事