ここから本文です

【ロッテ】元広島のジャクソンと1年契約で基本合意

12/3(火) 4:00配信

スポーツ報知

 ロッテが来季の新外国人として前ブルワーズのジェイ・ジャクソン投手(32)と1年契約で基本合意したことが2日、分かった。球団は試合終盤の勝ちパターンとして計算できる救援を探しており、NPB通算92ホールドと実績のある右腕に白羽の矢が立った。近日中に発表される。

【写真】こんなに沈む広島ベンチは見たことがない…

 ジャクソンは16年に広島に入団。最速157キロの直球と縦横2種類のスライダーを武器に3年間で通算175試合に登板。10勝8敗、防御率2・10をマークしリーグ3連覇に貢献。陽気な性格で同僚からも愛された。

 昨季終了後に広島を自由契約となり、ブルワーズとマイナー契約を結ぶと、4月に4年ぶりとなるメジャー復帰を果たした。5月に3Aに降格したが、7月末に再びメジャー契約を勝ち取りシーズンで28試合で1勝0敗、防御率4・45。30回1/3で47個の三振を奪い、奪三振率は13・96と剛球の威力は健在。日本人妻との間に子供もおり、日本でのプレーには前向きな姿勢を示しているようだ。

 チームは今季、試合終盤で逆転を許すシーンが目立った。9回は守護神の益田が務めたが、7、8回はベテランの松永、唐川、田中、東條、新人の東妻らをフル回転で起用するなど、最後まで固定できなかった。

 広島時代には救援で無失点に抑えた際に笑顔でマウンドを降りる「ジャクソンスマイル」でコイ党の心をつかんだ。来季はマリンで笑顔を輝かせる。

 ◆ロッテ来季の主な新戦力 FA戦線では球団史上初のW獲りに成功。楽天で通算51勝の美馬は開幕投手候補。ソフトバンクから加入する福田は走攻守そろった外野のレギュラー候補。投手陣は補強ポイントだった「8回の男」に150キロ台中盤の速球を持つジャクソンがはまれば、救援陣の層が厚くなる。ドラフト1位で最速163キロの佐々木=大船渡高=を獲得。夏場以降の1軍デビューでチームに白星をもららすようならV圏内が見えてくる。

 ◆ジェイ・ジャクソン(Jay Jackson)1987年10月27日、米サウスカロライナ州グリーンビル生まれ。32歳。ファーマン大から2008年ドラフト9巡目でカブスに入団。数球団を経て15年にパドレスでメジャーデビュー。16年に広島に加入し3年間、通算175試合で10勝8敗2セーブ、92ホールド、防御率2.10。185センチ、88キロ。右投右打。

報知新聞社

最終更新:12/3(火) 8:55
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事