ここから本文です

WBO会長 井上尚弥-カシメロ戦「実現へ動く」

12/3(火) 12:58配信

日刊スポーツ

WBO(世界ボクシング機構)のフランシスコ・バルカルセル会長(71)が、2団体(WBAスーパー、IBF)統一バンタム級王者井上尚弥(26=大橋)-WBO世界同級王者ジョンリール・カシメロ(30=フィリピン)戦の実現に向けて後押しすると明言した3日、都内でWBO総会が開幕し、来日中の同会長が日本マスコミに向けて記者会見した際に言及。

「この試合は実現できるように動きたい。井上選手はトップランクと契約し、カシメロ選手はマニー・パッキャオがプロモーター。トップランク社とパッキャオも良好な関係にある」と口にした。さらに同総会期間中にトップランク社首脳とパッキャオも来日予定だと明かし「まだ半信半疑かもしれないが、2日後に何が起こるか楽しみにしてください。(両プロモーターが)集まればそういう話にもなる」と付け加えた。

7年間負けなしWBO王者ゾラニ・テテ(31=南アフリカ)を下したカシメロから海外報道などを通じ、対戦ラブコールを受けた井上は2日、東京・後楽園ホールで取材に応じ「ボクもターゲットにしている。大橋(秀行)会長にもやらせて下さいと伝えました。ここまできてバンタム級のランカーと対戦しても…というのはあるので」との意向を口にしている。バルカルセル会長は「井上はスーパーマン、カシメロのヒーローのようだ。2人がタフファイトをみせてくれると思う」と来年中のカード実現をバックアップする意欲を示していた。

最終更新:12/4(水) 9:22
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事