ここから本文です

カズ「屋根がね…」横浜林市長に三ツ沢の要望も

12/3(火) 13:07配信

日刊スポーツ

横浜FCのFWカズ(三浦知良、52)が3日、下平隆宏監督、MF中村俊輔らと横浜市庁舎を訪問し、J1昇格を報告した。

【写真】林市長と会話する横浜FCカズ

カズは「ここからクラブとして大きくなれる基礎をこの1年でつくれたら。その中で自分が大好きなサッカーで貢献できることは幸せ。さらに努力をしていきたい」と来季の抱負を含めあいさつした。さらに、カズは林文子市長に、本拠地の三ツ沢球技場に触れ「屋根がね…。雨の日はサポーターがぬれてしまう。そこも協力していただけたら」と、横浜市が所有するスタジアムに屋根の設置の要望を出した。

また、来季のクラブとの契約が進んでいることを明かし「大丈夫だと思います」とキッパリ。トレーニングも続けており、53歳で臨むJ1への準備を進めている。「今季、ほとんど試合に出る機会が少なかった。悔しさもありますし。さらに努力して、どうやったら試合に自分が出て行けるか。自分と向き合いながら1分でも長くピッチに立てるように努力していきたい」と誓っていた。

最終更新:12/4(水) 22:38
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事