ここから本文です

巨人中島2年連続1億円以上減 金本らに次ぐ4人目

12/3(火) 18:21配信

日刊スポーツ

巨人中島宏之内野手(37)が3日、東京・大手町の球団事務所で契約交渉を行い、年俸1億5000万円から1億3000万円ダウンの2000万円で更改した。

【写真】契約更改を終えて会見に臨む巨人中島の横顔

▼中島が1億5000万円から87%ダウンの2000万円でサイン。自由契約などで移籍のケースを除き、同一球団で87%ダウンは16年杉内(巨人)の90%(5億円→5000万円)03年伊藤智(ヤクルト)の88%(8000万円→1000万円)に次いで3位のダウン率。また、中島は19年も3億5000万円から2億円ダウンしており、2年連続1億円以上ダウンは10、11年の金本(阪神)松中(ソフトバンク)17、18年の内海(巨人)に次いで4人目。

最終更新:12/3(火) 18:30
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事