ここから本文です

G1初V狙うグローリーヴェイズ順調/香港ヴァーズ

12/3(火) 18:42配信

日刊スポーツ

香港ヴァーズ(G1、芝2400メートル)でG1初制覇を狙うグローリーヴェイズ(牡4、尾関)は香港到着後、初めてオールウェザーコースへ入った。キャンターで1周半。「最初は力んでいましたが、それ以降は落ち着いていました。順調です。追い切りは5日(木曜)にモレイラ騎手騎乗で行う予定です」と矢原助手。

【写真】乗り運動するグローリーヴェイズ

ディアドラ(牝5、橋田)はコースに入らず、角馬場で約20分間のキャンター調整。「変わらず順調です。明日は芝コースでマーフィー騎手が騎乗して追い切る予定です」と込山助手。

ラッキーライラック(牝4、松永幹)はオールウェザーコースをキャンターで1周半。「折り合いもついて、いいキャンターでした。明日の追い切りに向けて、いい準備ができました」と丸内助手。

最終更新:12/4(水) 15:15
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事