ここから本文です

快速ゴールドクイーンV候補、先行力自信/カペラS

12/3(火) 19:43配信

日刊スポーツ

日曜中山のダート重賞カペラS(G3、ダート1200メートル、8日)では快速ゴールドクイーン(牝4、坂口)がV候補の一角だ。

【写真】2着に5馬身差をつけて、ながつきSを制したゴールドクイーン

2走前は同舞台のながつきSを圧勝。前半3ハロン33秒0のスピードで先行し、そのまま逃げ切った。

坂口師は「中山のような芝スタートのコースは絶好の舞台。ハナへ行けば簡単には止まらないはず」と先行力に自信を持つ。コパノキッキングに騎乗しJRA重賞初制覇を目指す藤田菜七子騎手の猛追を封じ込めるか。

最終更新:12/4(水) 15:13
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事