ここから本文です

「大きな名誉」ユーベDFデ・リフトが“若手版バロンドール”受賞

12/3(火) 8:33配信

ゲキサカ

 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は2日、コパ・トロフィー受賞者を発表し、ユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(20)が選出された。

 デ・リフトはアヤックスに所属していた昨季、キャプテンとしてエールディビジとKNVBカップの優勝や、UEFAチャンピオンズリーグのベスト4進出に貢献。オランダ代表のディフェンスも支える同選手は今夏にユベントスへ移籍し、ここまで公式戦15試合で1得点を記録している。

 同賞は21歳以下の選手に贈られる“若手版バロンドール”として、昨年に創設された。歴代のバロンドール受賞者が審査員となり、候補者の中から受賞者を選定。デ・リフトはドルトムントのイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(19)、アトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(20)らを抑えての受賞となった。

 オランダ『VI』によると、デ・リフトは受賞に際して「これは大きな名誉だ。アヤックスのみんなと僕の新しいクラブ、ユベントスに感謝している。もちろん、家族やガールフレンドにも感謝したい。僕はこれを獲得できたことを非常に誇りに思っている」と喜びを語っている。

最終更新:12/3(火) 8:35
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事