ここから本文です

ピーチ“空飛ぶ副社長”角城機長、48年飛びラストフライト 北朝鮮拉致被害者の帰国便も担当

2019/12/4(水) 9:45配信

Aviation Wire

 日本でただひとりの“空飛ぶ副社長”を務めるピーチ・アビエーション(APJ/MM)の角城健次機長が12月3日、68歳の誕生日を前にラストフライトを終えた。航空法により旅客機の機長としては定年を迎えるためで、関西空港のオフィスには多くの社員が集まり、48年間のパイロット人生を終えた角城機長を出迎えた。

【ラストフライトを終えるピーチの角城機長】

 角城機長は国の航空大学校を卒業後、全日本空輸(ANA/NH)に1974年4月入社。戦後初の国産旅客機である日本航空機製造YS-11型機や、ボーイング727型機、737、767、777に乗務し、2011年6月からは同じくANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下で就航前のピーチに転じ、A320を操縦した。旅客機は機種ごとにライセンスが異なり、A320のライセンスを所得する際、角城機長は59歳だった。上司からピーチへ行って欲しいと頼まれた際、年齢を考えて一度は断ったという。

 機長資格は1990年4月に39歳で取得。2002年10月に蓮池薫さんら北朝鮮拉致被害者5人が帰国する際など、北朝鮮フライトを4回担当したほか、ANA時代は皇室をはじめ要人を乗せるフライトも多数担当した。ピーチに入社後は、2012年7月から取締役として安全統括管理者と運航部長をA320の機長資格を保持しながら務め、2016年10月に副社長に昇格した。

 5日に68歳の誕生日を迎える角城機長は、最終乗務日となった3日は関西発宮崎行きMM189便と折り返しの宮崎発関西行きMM190便に乗務。角城機長が航大時代に宮崎空港内の訓練施設で訓練し、ANA時代に機長として初めて乗務したのが伊丹-宮崎線だったことから、ラストフライトは関西-宮崎線が選ばれた。

 コックピットで角城機長と最後にペアを組んだのは、機長資格を持つ小林潤一さん。4人の客室乗務員は全員ピーチが就航した2012年入社で、チーフパーサーの八幡奈美子さんと丸山美季さん、前田祐紀恵さん、西田江利さんが乗務した。

 角城機長は最後の機内アナウンスで「風の変化で時折コトコトとした揺れが混じることもございます」と揺れを表現。「今日でパイロットを終えて翼をたたみますが、副社長としてアジアのかけ橋となるLCCを作っていきます」と今後の抱負を述べると、機内からは拍手が起こった。

 ラストフライトには妻の邦子さんも搭乗。夫のラストフライトを客室から見守った。角城機長の総飛行時間は1万5160時間38分となった。

 フライトを終えた角城機長は「航空業界は安全なくして成り立ちません。ピーチはLCCなので万が一事故を起こせば安かろう悪かろうと言われてしまうので、絶対に事故を起こしてはいけない。安全がなければ簡単に倒産します」と改めて気を引き締めた。角城機長は、今後も副社長と安全統括管理者として、安全面を統括していく。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:2019/12/4(水) 9:45
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事