ここから本文です

横浜FC・カズ、53歳シーズンに新国立のピッチに立つ!J1昇格の来季契約「大丈夫」

12/4(水) 7:00配信

サンケイスポーツ

 来季のJ1昇格を決めた横浜FCの元日本代表FW三浦知良(52)が3日、横浜市を表敬訪問して林文子市長(73)らにJ1昇格を報告した。カズは来季の契約が更新される見通しを示し、現役続行を改めて表明。チームのJ1定着とともに、新国立競技場のピッチに立つことも目標に定めた。

 快晴の横浜。三つぞろえのスーツに身を固め、下平隆宏監督やMF中村俊輔らと横浜市役所を訪れたFW三浦知がさわやかな表情で宣言した。

 「契約の話はクラブ側としています。大丈夫だと思う」

 近年は「11」にこだわるカズに敬意を表し、クラブ側は1月11日に契約更新を発表するのが慣例となっている。来年も同日に契約更新となる見通しを明かした。

 来年2月に53歳となって迎える新シーズン。J1で最年長出場、最年長ゴール記録を一気に更新する可能性もある。今季は出場3試合にとどまったが「来年はしっかり準備して開幕を迎えたい。1分でも多く出たい」と奮闘を誓った。

 新しい国立競技場が完成したこともモチベーションを上げる。旧国立ではV川崎(現J2東京V)や日本代表の選手として、数多くのゴールを決めた。「いい思い出しかない」。来季リーグ戦での国立競技場使用について具体的には明らかになっていないが、「新しい競技場にJ1の舞台でまた立つことを目標にしたい。聖地で自分もサッカーに関われたら幸せ」と声を弾ませた。

 「来年はJ1で戦う責任がある。その後もJ1に定着できるように頑張る」

 前回昇格した2007年シーズン、カズは24試合3得点を挙げたがチームは最下位でJ2に降格した。来季53歳のレジェンドが、今度こそJ1定着の先頭に立つ。

最終更新:12/4(水) 7:00
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事