ここから本文です

バイオリン楽しんで 滑川市西部小 奏者の早稲田さん指導

2019/12/4(水) 21:53配信

北日本新聞

 夢の音楽教室が4日、滑川市西部小学校(同市上島)で開かれ、バイオリン奏者の早稲田桜子さん(東京)が4年生65人にバイオリンの楽しさを伝えた。教室は、市教育委員会と市文化・スポーツ振興財団が2日から6日まで、市内の全7小学校で開く。

 早稲田さんは姉の眞理さん(神奈川)と共に訪れ、バイオリンの材質や歴史をクイズ形式で紹介したり、「情熱大陸」や「中国の太鼓」を笑顔で演奏したりした。人気曲の「パプリカ」や同校の校歌も披露し、子どもたちが演奏に合わせて元気に歌い盛り上がった。バイオリン演奏を体験する時間もあった。

 早稲田さん姉妹は7日午後2時から、滑川西地区コミュニティホールで「ときめきコンサート」を開く。事前申し込みは不要で、一般500円、高校生以下300円。問い合わせは、主催の同財団、電話076(476)9120。北日本新聞社後援。

最終更新:2019/12/4(水) 21:53
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事