ここから本文です

リスグラシュー、有馬ラストランの鞍上レーン継続

12/4(水) 5:30配信

スポニチアネックス

 有馬記念(22日、中山)がラストランとなるリスグラシュー(牝5=矢作)は宝塚記念、コックスプレートとG1連勝に導いたダミアン・レーン(25)とのコンビ継続で参戦することが分かった。3日、矢作師が明らかにした。

 レーンは年間に取得できる短期騎手免許の期間(初年度は2カ月間)を春に使い切っていたが、特例が認められ、騎乗が可能になった。JRAは同一年にJRAのGIレースで同じ馬に騎乗して2勝以上挙げた外国人騎手が、その年のGIレースで同じ馬に騎乗する場合、1日限定免許を交付することを認めている。今回は国内G1は宝塚記念の1勝のみだが、豪G1のコックスプレートも1勝としてカウントされた。

 同馬は豪遠征からの検疫を終え、3日に栗東トレセンに帰厩。指揮官は「彼女にとって最高のジョッキーに決まった。引退戦を何とか勝たせてやりたい」と意気込んだ。

最終更新:12/4(水) 5:58
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事