ここから本文です

確固たる軍事態勢維持を 「実戦同様の訓練実施」=韓国国防相

2019/12/4(水) 10:11配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は4日、全軍主要指揮官会議で、「最近の北の軍事的動向を踏まえ、確固たる軍事対応態勢を維持しなければならない」として、「実戦同様の訓練を実施し、最高の戦闘力を維持することが指揮官の使命」と強調した。

 会議では来年の国防政策計画の報告などが行われた。朝鮮半島問題の解決に向けた三つの原則(戦争を容認しない、相互安全保障、共同繁栄)の実現に向け、▼全方位的な安保脅威に備えた強力な国防態勢確立および朝鮮半島平和定着の後押し▼相互補完的な韓米同盟の発展と国防交流・協力の拡大▼国防改革の強力な推進を通じ朝鮮半島平和を後押しする革新強軍づくり▼公正・透明で効率的な国防運営体系の確立▼国民から信頼される軍内の包容文化定着――の五つの「国防運営重点」を選定し、詳細な推進計画を議論した。

 また、今年を振り返り、朝鮮半島の非核化や平和定着を「強い力」で後押しできる「強い安保・責任国防」の具体化に尽力したと評価した。

最終更新:2019/12/4(水) 10:14
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事