ここから本文です

【阪神JF】1週前追い抜群!日々成長マーメイド勝負気配

12/4(水) 5:30配信

スポニチアネックス

 【G1ドキュメント・栗東=3日】2歳女王決定戦・阪神JFはいわば、あどけなさを残す少女の戦い。キャリアの浅さゆえか時に人気馬が凡走して波乱決着となることも。さて今年はどうだろうか。

 火曜の栗東トレセンは好天に恵まれた。秋の日差しに心を洗われつつ、新谷は馬柱を凝視する。2戦2勝の重賞ウイナーが3頭。牡馬相手のサウジアラビアRC2着クラヴァシュドール、関東に2連勝中マルターズディオサ。これは人気サイドで決着か…と思ったが、ピンときた。既に5戦、メンバー最多タイのキャリアを誇るヤマカツマーメイド。2勝の内容がいいのだ。鞍上をてこずらせながらも勝った未勝利、好位から差し切ったりんどう賞。これは池添兼師に話を聞かねば。

 「未勝利は物見をしていたけど、りんどう賞は最後しっかり脚を使ってくれた。ファンタジーS(4着)は勝ち馬が強かった。でも(体を)併せていれば違ったかもしれないね」

 いいぞ。池添兼師の言葉には自信がにじんでいた。1週前追いは武豊が騎乗してCWコース併せ馬。ラスト1Fは切れのある動きで11秒5をマークした。

 「前走後はかなり乗り込んでいる。豊に乗ってもらった先週も、ラストいい伸びを見せてくれた。一戦ごとに大人になっている。カイバも食べているし、いい状態で出走できそう」

 あどけなさを残す2歳牝馬だからこそ、成長は一足飛び。勝負気配を感じる。新谷は今日の最終追い切りががぜん楽しみになった。

最終更新:12/5(木) 11:44
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事