ここから本文です

サーキットを走る! 西日本最大級のチューニングカーイベント 12月15日、岡山国際サーキットで開催

2019/12/4(水) 15:45配信

レスポンス

岡山国際サーキットは、開催20周年を迎える西日本最大級の走りの祭典「チューニングフェスタ2019」を12月15日に開催する。

2000年に始まった同イベントは、クルマ本来のポテンシャルを極限まで引き出す「チューニング」が施された全国のモディファイドカーたちが1年に1度速さを競うカーイベント。クルマ愛好家やチューニングショップが、誰よりも速くサーキットを駆け抜けるために、開催日のギリギリまでクルマに心血を注ぎ、1分1秒のラップタイムに一喜一憂。今年もチューニングショップによるサーキットタイムアタック「TT公認タイムアタックチャレンジ」をはじめ、「スーパーチューナーズ★パレードラン」、模擬レース形式の「マイスターカップ」など、熱きバトルが繰り広げられる。

また当日は、チューニングカー/ヒストリックカーファンから支持を集めるオーエス技研が主催する「OSノスタルジック1Day 2019」もサーキット内Cパドックで同時開催となる。日産GT-R&フェアレディZ「生誕50周年祭」として、歴代スカイライン(R35GTRを含む)とフェアレディZが200台以上が一堂に集結。車両展示やゲストトークショー、パレードランなどに加え、全国からパーツメーカーやショップが出展するなど、盛りだくさんの内容となっている。

前売券は2500円にてローソンチケットで発売中。当日券は3000円。中学生以下は保護者同伴に限り無料。イベント参加申し込みも公式サイトから受付中だ。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:2019/12/4(水) 15:45
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事