ここから本文です

ホンダ&レッドブル育成の角田裕毅、カーリンからFIA F2ポストシーズンテスト参加へ

2019/12/4(水) 23:24配信

motorsport.com 日本版

 アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで12月5日(木)から行なわれるFIA F2のポストシーズンテストに、今季FIA F3に参戦した角田裕毅がカーリンから参加する。

【写真】ホンダの山本雅史F1マネージングディレクターと話し込む角田

 FIA F2は4日(水)、テスト初日のエントリーリストを発表した。角田は、今季松下信治が所属したカーリンの2号車のドライバーとしてリストアップされている。同じくカーリンのマシンを駆るのは、今季はARTからF2に参戦したニキータ・マゼピンだ。

 角田は今季、イェンツァーからFIA F3に参戦。モンツァ戦レース2で勝利を挙げるなど、チームの全得点を挙げる活躍でランキング9位となった。レッドブルのレーシングアドバイザーであるヘルムート・マルコは角田を高く評価しており、2020年シーズンはF2で戦うことになる可能性が高いとみられている。

 これと時を同じくして、DAMSが2020年のドライバーラインアップを発表。元レッドブル育成でスーパーフォーミュラにも参戦したダニエル・ティクトゥムと、プレマからの移籍となるショーン・ゲラエルのコンビとなることが明かされた。ふたりは共にDAMSからポストシーズンテストに参加する。

 また、今季終盤にカンポスでF2デビューを果たした佐藤万璃音は、トライデントからテストに参加する。今季4勝を挙げランキング3位となったルカ・ギオットも同じトライデントから出走する予定だ。

最終更新:2019/12/4(水) 23:24
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事