ここから本文です

PC/Xbox One版『Halo: Reach』配信開始! Steamだけでピーク時約16万人がプレイ、日本語吹替・字幕対応

2019/12/4(水) 18:15配信

Game Spark

Microsoftは2010年に発売された『Halo: Reach』の現世代リマスター版をPCおよびXbox One向けに配信を開始しました。

大きな写真で詳しく見る


Xbox One X版では4K UHDおよびHDRに対応。PC版では、4K UHD/60fpsに対応するほか、可変フレームレートやマウス/キーボード操作の再バインド、テクスチャ/シャドウクオリティなど体験を調整する様々なオプションが用意されています。


『Halo: The Master Chief Collection』の一部となる『Halo: Reach』はSteamおよびMicorosoftストアにて配信中。価格は個別購入で9.99ドル/1,150円、本作が含まれる『Halo: The Master Chief Collection』の価格は39.99ドル/4,212円です。


Game*Spark編集部では、当初日本語対応が記されていなかったSteam版においても日本語字幕吹替のサポートを確認しております。なお、Steam日本語版では、購入した後SteamのDLCから「Extended Language Pack」を有効状態にしておく必要があります。

記事執筆時点でのSteam版のプレイヤー数はピーク時で16万人以上
Twitchの配信視聴者数は8万人以上(配信直後は10万人を超えてたそうです)

※UPDATE(2019/12/4 21:25):記事公開時、PC版のみが4K UHD/60fpsをサポートすると捉えられる表現となっていたため修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。

Game*Spark RIKUSYO

最終更新:2019/12/4(水) 21:35
Game Spark

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事