ここから本文です

承継のダイダイ初収穫 熱海・岡野谷さん、農家の指導受け奮闘

12/4(水) 8:26配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 後継者難に悩む熱海市のダイダイ農家から、5月に果樹園の栽培を引き継いだ同市の岡野谷伸一郎さん(45)が初めての収穫期を迎え、連日作業に励んでいる。

 岡野谷さんはかんきつ類の栽培、加工、販売を目指して起業した「シトライカンパニー」の代表を務める。同市の倉田晃平さん(75)、とし子さん(73)夫妻から70アールのダイダイ果樹園を借り、夫妻の指導を受けながら草刈りや消毒といった手入れを続けてきた。岡野谷さんにとって、栽培は初めての経験。慣れない高所作業などには苦労したという。

 収穫は11月中旬から開始。正月のお飾り用に出荷しているほか、熱海の飲食店で提供される「あたみだいだいサワー」向けの果汁供給、加工品の製造・販売も予定している。

 岡野谷さんは「今後も熱海からダイダイをなくさないよう、努力していきたい」と話している。

静岡新聞社

最終更新:12/4(水) 8:26
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事