ここから本文です

IOC、東京五輪マラソンで今夕協議へ 開会式の入場行進は順序変更

12/4(水) 8:33配信

時事通信

 【ローザンヌ(スイス)時事】国際オリンピック委員会(IOC)は4日夕、スイスのローザンヌで開いている理事会で、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会から準備状況の報告を受ける。組織委は札幌開催に変更されたマラソンについて、大通公園を発着点とする周回案でIOCの承認を目指す。

 3日には東京五輪の開会式で行われる各国・地域選手団の入場行進の順序を変えることが決まった。先頭は五輪発祥の地ギリシャで変わらず、16年リオデジャネイロ五輪では終盤だった難民選手団が2番目に登場。最後は将来の開催地をアピールするため、28年ロサンゼルス五輪を開催する米国、24年パリ五輪のフランス、開催国日本の順に行進する。 

最終更新:12/4(水) 8:42
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事