ここから本文です

石炭重視の日本に「化石賞」 COP25で環境団体

12/4(水) 9:04配信

共同通信

 【マドリード共同】世界の環境団体でつくる「気候行動ネットワーク」は3日、地球温暖化対策に後ろ向きな姿勢を示した国に贈る「化石賞」に日本など3カ国を選んだと発表した。日本は、梶山弘志経済産業相が同日の閣議後記者会見で、二酸化炭素(CO2)の排出が特に多く、温暖化を悪化させる石炭火力発電の利用を続ける政府方針を改めて示したのが理由。

【動画】忍び寄る水没の危機 ツバル、浸食で失われる国土

 スペイン・マドリードでの気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の会場で発表した。同ネットワークは、世界は脱石炭にかじを切りつつあると指摘し、日本の方針は「パリ協定を軽視し、人々を危険にさらすものだ」と厳しく批判した。

最終更新:12/4(水) 12:42
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事