ここから本文です

菜七子、通算100勝王手ならず 大井で悔しい8着

12/4(水) 5:30配信

スポニチアネックス

 通算100勝まであと2に迫っている藤田菜七子は3日、大井8Rの交流競走「アーバンステージ師走賞」で5番人気アラウン(牡4=森)に騎乗し8着に終わった。レースは11番枠から果敢に攻めて2番手を確保。狙い通りの形で直線を迎えたが、最後は後続にズルズルとのみ込まれた。人のはけた検量室で真剣な表情を浮かべてレース映像を見返していた菜七子。「取りたい位置は取れました。切れるタイプではないので早めに動かして行ったんですけど」と悔しそうな表情を浮かべていた。この日は1鞍のみの騎乗。カウントダウンは進められなかったが、今週末のカペラSではお手馬コパノキッキング(セン4=村山)とJRA重賞初勝利に挑む。「昨年に勝っているレース。キッキングの力を最大限に出せるような競馬をしたい」と意気込んでいた。

最終更新:12/5(木) 8:14
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事