ここから本文です

侍J監督の稲葉氏らが候補者入り 野球殿堂プレーヤー表彰

12/4(水) 5:30配信

スポニチアネックス

 ◇野球殿堂入り候補者発表

 競技者表彰のプレーヤー表彰では、新たに稲葉篤紀氏(47)、岩村明憲氏(40)、金子誠氏(44)、中村紀洋氏(46)が新たに候補入り。稲葉氏は侍ジャパン監督、金子氏はヘッド兼打撃コーチを務めており、11月のプレミア12で世界一に輝いた代表の首脳陣がそろって候補となった。

 稲葉氏はヤクルト、日本ハムで通算2167安打をマーク。岩村氏はヤクルトや楽天、大リーグのレイズなどでプレーし、日米通算1585安打を放った。中村氏も日米通算で2101安打、404本塁打。金子氏は通算1627安打で、現在は日本ハムの野手総合コーチも務める。

 前回までと合わせて候補者は21人。報道関係者らの投票によって殿堂入りが決まる。

最終更新:12/5(木) 22:14
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事