ここから本文です

ESGは本当に企業価値を上げる? ESG投資の注目は「資本コスト」

2019/12/4(水) 8:25配信

ITmedia ビジネスオンライン

 昨今よく耳にする「ESG投資」。Environment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)の頭文字からなり、これらへの取り組みを考慮して投資先の企業を選ぶという手法だ。しかし投資という観点から気になるのは、ESG投資は本当にもうかるのかという点。ESGへの取り組みは、なぜ企業価値を上げるのだろうか?

欧州と米国を中心にESG投資は広がってきた(三井住友DS資料より)

 株価によって表される時価総額という意味での企業価値は、企業の利益を中心とした財務要素がベースとなる。いわゆる「ファンダメンタルズ」だ。ここに、社長の方針や画期的な新商品や研究成果などのさまざまな要素を加えて評価することで、最終的には市場で企業価値は決まってくる。

 ESG投資的な手法は、「規範的な投資という意味では、戦前からあった手法」だと、三井住友DSアセットマネジメント株式運用第一部の森岡寛将部長は説明する。当時は投資のパフォーマンスとは関係なく取り組まれていたようだが、ここ数年で意味合いが変わってきた。

 欧州では公的年金などを中心に早くから投資判断にESGを組み込み、社会的な重要性を意識してきた。2006年には、ESG投資に関する責任投資原則(PRI)を国連と共同で提唱。日本でも公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、15年にPRIに署名し、17年から、すべての資産でESG要素を意識した投資を進めると表明している。

ESGへの取り組みは売り上げや利益の上昇につながるのか

 GPIFなどの年金基金がESG投資に取り組む理由の1つは、投資額が大きく、市場全体に幅広く分散して運用する点にある。そのため、「資本市場全体が持続的・安定的に成長することが重要。そして、資本市場は長期で見ると環境問題や社会問題の影響から逃れられないので、こうした問題が資本市場に与える負の影響を減らすことが、投資リターンを持続的に追求するうえでは不可欠」だと、GPIFは公式Webサイトに記している。

 しかし、個々の企業においてESGへの取り組みが財務状況の改善につながるのかというと、「意見が分かれている」(森岡氏)というのが実情だ。つまり、企業がESGに取り組んだからといって、必ずしも売り上げが増加したり、利益の増加にはつながらない。

 ではESGは企業価値の上昇につながらないのか? 森岡氏は、「ESGはビジネスの根幹。取り組むということは土台を強化するということである。企業価値のどこに影響するのかといえば、資本コストに影響する」と説明する。

1/2ページ

最終更新:2019/12/4(水) 9:07
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事