ここから本文です

韓国副首相、韓国の経済状況について「ことし特に難しいと認めざるを得ない」

2019/12/4(水) 17:08配信

WoW!Korea

韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は4日、韓国の経済状況と関連し「ことし特に難しいことを認めざるを得ない」と述べた。

洪副首相は同日、政府ソウル庁舎で革新成長戦略会議を終え、記者団に対してこのように明らかにした。

洪副首相は第3四半期GDPデフレーターの下落幅がこの20年で最大を記録するなど、否定的な信号が重なることについて「短時間内に判断するのはもう少し待たなければならないと思う」と述べながら亜も、「そのような部分の外部の指摘についてはよく認識している。ことしは特に厳しいことは認めざるを得ない」と述べた。

ただし、デフレへの懸念については依然として同意できないとの認識を示した。洪副首相は「デフレの定義を考えると、まだデフレに対する深刻な懸念には当たらない」とし「来年も物価はことしより高くなるだろう(と見通している)。デフレを警戒してはいるものの、今がデフレ状態との指摘は正しくないと判断している」と述べた。

最終更新:2019/12/4(水) 17:08
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事