ここから本文です

阪神・島本が約4・4倍大幅アップに「ビックリ」自己最多63試合登板評価

2019/12/4(水) 14:42配信

デイリースポーツ

 阪神の島本浩也投手(26)が4日、兵庫・西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2850万増の3700万円でサイン。今季推定年俸850万円から、約4・4倍の大幅昇給となった。今オフここまでチーム最大のアップだった前日の守屋(700万円→2300万円)を超える昇給を勝ち取った(金額は推定)。

 「思っていたより多かったのでビックリ。60試合以上登板、防御率(1・67)と本当によくやってくれたと言われました」。2014年シーズンまで育成契約で、年俸300万円だった男は球団の評価に感謝し、笑みを浮かべた。

 昨季は1軍で1試合のみの登板だったが、高卒9年目の今季は自己最多だった16年の23試合を大幅に更新する63試合に登板。4勝0敗、1セーブ、11ホールドをマークし、防御率は驚異の1・67とリリーフ陣の屋台骨を支えた。

 シーズン後の10月末には左肘のクリーニング術を受けた左腕は「春のキャンプまでにはしっかり投げられるように。来年はホールド数を倍以上にしたい」と、来季は“勝利の方程式”入りを目指すことを誓った。

最終更新:2019/12/4(水) 20:46
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事