ここから本文です

小池征人によるドキュメンタリーの特集上映が開催、テーマは薬害や差別など

2019/12/4(水) 17:16配信

映画ナタリー

小池征人が手がけたドキュメンタリーの特集上映が、12月7日から13日まで東京・ポレポレ東中野で行われる。

【写真】「薬に病む クロロキン網膜症」 (c)青林舎(メディアギャラリー他6件)

ラインナップには、かつて腎炎などの適応薬とされたクロロキンを巡る薬害事件に迫る「薬に病む クロロキン網膜症」、差別や部落解放をテーマとした「人間の街-大阪・被差別部落-」などが。水俣病患者が甘夏作りに取り組むさまを収めた「水俣の甘夏」、国鉄からJRへの変革期に余剰人員として扱われた鉄道員の姿を映す「日本鉄道員物語1987」、日本初の再審無罪を勝ち取った元死刑囚・免田栄が獄中体験を語る「免田栄 獄中の生」もスクリーンにかけられる。期間中は連日トークショーを開催。映画監督の原一男、都鳥伸也、井土紀州、プロデューサーの安岡卓治らが登壇する。

■ 小池征人監督 ドキュメンタリー特集
2019年12月7日(土)~13日(金)東京都 ポレポレ東中野
当日券料金:一般 1500円 / 大学生、専門学校生、シニア 1200円 / 高校生以下、障害者 1000円
前売り券料金:3回券 3300円 ※期間中も販売
<上映作品>
「薬に病む クロロキン網膜症」
「水俣の甘夏」
「人間の街-大阪・被差別部落-」
「日本鉄道員物語1987」
「免田栄 獄中の生」
「もうひとつの人生」
「いのちの作法 沢内『生命行政』を継ぐ者たち」

最終更新:2019/12/4(水) 17:16
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事