ここから本文です

立憲・石垣のりこ議員「ファシズム」投稿物議も応戦「憲法秩序と相入れない人物に…」

2019/12/4(水) 16:05配信

デイリースポーツ

 経済学者の高橋洋一氏に関して「レイシズムとファシズムに加担するような人物」とツイートして物議を醸している立憲民主党・石垣のりこ参院議員が、ツイッター投稿で「しかし公職者ですから憲法秩序と相入れない人物や組織に発言や正当化の機会を直接的に与えるわけにはいきませんよねぇ」と主張した。

 石垣氏は元アナウンサーで今夏参院選で初当選。11月28日付のツイッターで「馬淵澄夫さん山本太郎さん主催の消費税減税研究会。初回の講師は、高橋洋一氏とのこと」「私は、レイシズムとファシズムには一切加担しません。よって、レイシズムとファシズムに加担するような人物を講師に呼ぶ研究会には参加できません」と投稿した。

 これに対し、名指しされた高橋洋一氏が2日付ツイッターで、立憲民主・枝野幸男代表に向け「枝野代表。貴党所属の石垣のりこ参院議員はツイッターで私をファシスト、レイシスト呼ばわりしています。貴党代表としての見解を教えて下さい」と回答を求めていた。

 騒動となり、3日には石垣氏の名前が一時、ツイッターのトレンド1位に浮上していた。

最終更新:2019/12/4(水) 16:09
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事