ここから本文です

イオンが「お米のかわりに食べる野菜」の新商品を発表 SNS映えの提案も

2019/12/4(水) 19:10配信

ITmedia ビジネスオンライン

 イオンは12月11日、全国のグループ約3500店舗で「トップバリュ お米のかわりに食べる6種の彩り野菜」(税別248円)を発売する。「ごはんを野菜に置きかえる」をコンセプトにした冷凍食品「トップバリュ お米のかわりに食べる」シリーズの新商品。

【画像】SNS映えする食べ方を提案

 お米のかわりに食べる6種の彩り野菜は、カリフラワー、ズッキーニ、にんじん、黄色にんじん、ブロッコリー、ほうれん草といった6種類の野菜をお米サイズに小さくカットした商品。電子レンジで解凍し、そのままごはんのかわりに主食にできる。

 さまざまな野菜を使うことで、彩りが鮮やかになるだけでなく、栄養素をバランスよく摂取できるのがアピールポイントだ。これからの時期は、クリスマスメニューのアレンジにも使えるので、SNS映えもする。ごはんと混ぜておにぎりにしたり、スープに混ぜて雑炊風に仕上げたりと、さまざまな食べ方の提案もしている。

 イオンは18年11月、カリフラワーとブロッコリーをお米サイズに細かく刻んで冷凍した「お米のかわりに食べるカリフラワー/ブロッコリー」を発売。すると、半年の想定販売数量を約1カ月で達成した。「クセがないのでいろいろなごはん料理に代用できる」という声もあったという。

 お米のかわりに食べる6種の彩り野菜は、ごはん1膳分(150グラム)と比較して、糖質量が20分の1に抑えられている。また、3.9グラムの食物繊維が含まれている。摂取カロリーも、ごはんが252キロカロリーなのに対し、28キロカロリーとなっている。

ITmedia ビジネスオンライン

最終更新:2019/12/4(水) 19:10
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事