ここから本文です

「コラーゲンを飲む・塗るは美肌に効果なし」はホント?ウソ?医師に聞いてみた

2019/12/4(水) 8:01配信

Medical DOC

肌の調子が良くないときに、コラーゲンを食べて塗って肌がツヤツヤになったという話をよく聞きます。「コラーゲン=肌のハリ」というイメージがありますが、果たしてこれは本当なのでしょうか? あきこクリニックの田中亜希子先生、教えてください!

[この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】
田中亜希子先生(あきこクリニック 院長)
東京大学医学部医学科卒業後、同大学の附属病院の産婦人科に勤務。その後、大手美容外科の副院長、美容外科美容皮膚科部と診療部の部長に就任。2009年にあきこクリニックを開院し、院長兼理事長に就任。患者さんとの信頼関係を大切に、なんでも話しやすい雰囲気を心がけている。

食べる、塗るコラーゲンはハリツヤにほとんど効果なし

編集部:
コラーゲンとはそもそもどういうものですか?

田中先生:
コラーゲンはたんぱく質のひとつで、骨、靭帯、真皮などをつくる成分です。肌に弾力性を与える役割を持っています。

編集部:
弾力を与える役割があるのならば、肌のハリツヤに効果がありそうですね。

田中先生:
そうですね。でもコラーゲンが肌にハリツヤをもたらすためには、摂取の仕方が重要となります。

編集部:
コラーゲンを摂取した次の日は、肌がツヤツヤになった気がします!

田中先生:
皆さんそう言われるのですが、実は食べる飲むコラーゲン、肌に塗るコラーゲンは、肌のハリツヤにほとんど効果がないのです。

コラーゲンは肌の奥まで浸透しないと意味がない

編集部:
そうなのですか!? 鍋に入れるコラーゲンボールなどに、効果はないのでしょうか?

田中先生:
口から摂取したコラーゲンは、皮膚に届く前にほとんどが骨に吸収されてしまうため、残念ですが肌のハリツヤにあまり関係がないのです。コラーゲン鍋を食べた次の日に肌にハリツヤを感じるのは、鍋を食べたときに起こる発汗作用によるものが大きいと思います。韓国旅行後に肌にハリツヤを感じるのも、キムチによる発汗作用や保湿効果のおかげだと思いますよ。

編集部:
追加料金を払ってまで鍋に入れていたコラーゲンボールに、あまり意味はなかったのですね……ショックです。では、コラーゲンの入ったサプリメントはどうですか?

田中先生:
こちらも同じく、肌のハリツヤには効果がないと思います。同様にコラーゲンを含んだ美容クリームなど、肌に直接塗るものもハリツヤへの効果は期待できません。

編集部:
塗るのも効果がないのはなぜですか?

田中先生:
こちらも肌の奥深くまで浸透しないと、ハリツヤに効果を発揮しません。成分がナノ化されていればよいのですが、そうでないとこちらも奥深くに届く前に骨などに吸収されてしまうのです。

1/2ページ

最終更新:2019/12/4(水) 8:01
Medical DOC

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ