ここから本文です

マンU ビダルを新たな獲得候補に?...今季バルサで先発出場わずか4試合

2019/12/4(水) 6:50配信

SPORT.es

冬の移籍市場を前にして、アルトゥーロ・ビダルの名前が噂され始めている。

『TV3』での発言で、バルサ退団の扉を開いていることを口にした後、その噂はさらに強まっている。

ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時...」

『Manchester Evening News』が報じた情報によると、マンチェスター・ユナイテッドも1月からチームを強化するために同チリ人MFの獲得に関心を示しているようだ。

プレミアリーグで僅か18ポイントしか獲得できていないマンチェスターの同クラブは、できるだけ早くリアクションを起こすことを必要としている。シーズン後半からビダルが加わる可能性もある。

この噂は彼の代理人であるフェルナンドとフェリセビチと、このオペレーションの鍵を握る人物の一人であるユナイテッドの副会長のエド・ウッドワードの良好な関係から生まれているようだ。

アルトゥーロ・ビダルはFCバルセロナの選手として2シーズン目を過ごしており、今シーズンはこれまでのところ公式戦19試合のうち、14試合に出場しているが、先発出場を果たしたのは僅か4試合だけである。

合計518分という数字は、彼が求めるモチベーションのためには十分なものではなく、そのため移籍も悪い選択ではないと考えていることを明かしている。

仮にマンチェスター・ユナイテッドがビダルの獲得を成功させた場合、同選手のプレミア挑戦は初めてとなる。
バルサに加入する前にはバイヤー・レヴァークーゼンやバイエルン・ミュンヘンといったブンデスリーガのクラブや、2011-2015にはセリエAのユヴェントスでプレーをしていた。

最終更新:2019/12/4(水) 6:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事