ここから本文です

【動画】北は真冬 日本海側は猛吹雪に 太平洋側は晴れて空気乾燥(4日7時更新)

12/4(水) 7:41配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 きょう4日(水)は北日本では真冬のような寒さで、日本海側を中心に猛ふぶきに警戒が必要です。
 太平洋側では広く晴れますが、空気が乾燥しますので、火の元やインフルエンザなどにお気をつけください。

 日本付近は冬型の気圧配置が強まっています。
 日本海には強い寒気に伴う筋状の雲が広がっており、この雲が日本海側に雪を降らせています。

 このあとも北日本の日本海側や北陸の山沿いでは断続的に雪が降るでしょう。
 山沿いでは大雪になるおそれがあります。
 また、この雪は非常に強い風を伴って、猛ふぶきになる所もありそうです。

 北海道や東北ではあすの朝までに最大で50センチ、あさっての朝にかけては、さらに40センチ前後の雪が降る見通し。

 風は瞬間的には30メートル以上の暴風が吹き荒れるおそれがありますので、大雪や暴風雪、高波に警戒が必要です。

 太平洋側の各地は広く晴れて、空気の乾燥した状態が続きそうです。
 特に関東から西の各地では気温が15℃前後まで上がり、日差しにぬくもりを感じられそうです。
 一方、北日本はきのうより気温の低い所が多く、札幌では日中も氷点下の真冬日となりそうです。
(気象予報士・多胡安那)

最終更新:12/4(水) 7:46
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事