ここから本文です

東京五輪の新種目3人制バスケ「3x3」、5人制とは異なる魅力と五輪に向けた課題とは

2019/12/4(水) 14:02配信

みんなの2020

新時代のスポーツ&エンターテインメントを目指す3x3

「3x3」と表記して「スリー・エックス・スリー」と読む。3x3とはFIBA(国際バスケットボール連盟)が、バスケットボールの普及と発展のために設立した3人制バスケットボールのこと。2020年東京五輪から新種目として採用された注目のスポーツだ。

3x3は1990年代に流行したストリートバスケットの3on3(スリー・オン・スリー)が発祥であり、2007年に世界統一のルールが定められたのを機に競技として本格的なスタートを切った。2012年には個人ランキングポイント制度『3x3 Planet』を導入し「スリー・バイ・スリー」の呼称が定着。2014年には次世代スポーツリーグとエンターテインメントの融合を目指した国内男子トップリーグ『3x3.EXE PREMIER』(スリー・エックス・スリー・ドット・エグゼプレミア)が設立された。現在は世界一のクラブを目指して『プロサーキット』と呼ばれる海外転戦を行うチームが増え、多くの選手がポイントを競い合っている。そして、今年度からは「スリー・エックス・スリー」との呼称新たに東京五輪を迎えることになった。

5人制とは似て非なる競技性と独自ルール

3x3は5人制と同じスキルが必要でありながらも、ルールはまったく異なる。コートの大きさは通常のバスケットコートの半分のハーフコート。そのため広さや場所を問わず、専用のコートを敷くことでどこでも会場になることが特長だ。体育館や屋外の特設ステージで試合をすることもあれば、ある時はデパートの一角、ある時は神社や海辺が会場になることもある。主催者のアイディアによって非日常の空間を楽しみながら、買い物客や観光客が足を止めて気軽に観戦できることも魅力だ。

競技ルールを5人制と比較してみよう。試合時間は10分(5人制は10分×4クォーター制)。得点は5人制でいう2点が1点、3ポイントシュートは2点として扱われ、フリースローが1点なのは5人制と同様。ボールを保持してから攻める時間のショットクロックは12秒(5人制は24秒)、得点したあとの攻守の切り替えはドリブルかパスによって、一度2ポイントラインの外まで運ばなければならない(5人制はエンドラインからスローイン)。勝敗はゲーム終了時に得点が多いほうが勝利するのは5人制と同様だが、3x3はノックアウト制を導入しており、21点先取したチームがノックアウト勝利となる。

3x3はハーフコートの10分ゲームであることから、5人制より楽かと思いきや、その運動量とスピード感には圧倒されてしまうほどのハードさだ。

3人でプレーすることから、5人制よりもおのずと攻防のスペースが広がるため、一人一人がボールをコントロールし、シュートをクリエイトする力が必要となる。またショットクロックが12秒という短い時間で目まぐるしく攻防が切り替わるため、オフェンスもディフェンスも足が止まることはない。

そして3x3プレーヤーが必ず言うのが「IQの高さ」と「強いフィジカル」が求められることだ。3x3のベンチにはコーチは不在。劣勢になっても選手たちだけで戦わなければならず、交代のタイミングや作戦タイムを取るのも選手同士で行う。そのため、阿吽の呼吸や一人一人の判断力が必要とされるのだ。また、選手たちからは「5人制以上にコンタクトプレーが多い」との声もあるほどで、コンタクトが激しい攻防も見どころである。

戦術面では得点が倍になる2ポイントをいかに絡めるかが、サイズのない日本にとってはカギとなるだろう。速いテンポの中で行う駆け引きの応酬は5人制とは違った見どころを生み出している。まさに、新時代のスポーツとして東京五輪を迎えるのが3x3という競技なのだ。

1/3ページ

最終更新:2019/12/4(水) 16:52
みんなの2020

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事