ここから本文です

写真パネル展縁に 旅にゃんこ一家が来館 猫ノ図書館【岩手】

2019/12/4(水) 9:28配信

岩手日日新聞社

 「猫ノ図書館」で知られる奥州市胆沢南都田字加賀谷地の市立胆沢図書館に3日、写真集「旅にゃんこ だいきち&ふくちゃん」で国内外から人気を集めている旅にゃんこ一家が来館した。長澤大輔さん・知美さん夫妻(東京都)と猫の大吉、大福で、同館で開催中のこの写真集のパネル展に合わせて来館。岩手との縁を深めた。

「猫ノ図書館」 来館者、貸出数とも増加

 同写真集は、長澤さん夫妻が2匹を連れて行く先々で撮影した内容が好評を得ている。2人はインターネット交流サイト(SNS)も活用しており、県南エリアの魅力を発信する女性グループ・君恋いわてと交流。猫の関連書を集めたユニークなコーナー「猫ノ図書館」の開館を同グループが2人に伝え、同館とのつながりが生まれた。

 同日は一家のほか、同館のねこ館長むぎ、君恋いわての石亀彩子さんら3人も来館。写真撮影や触れ合いなどで和やかに懇談した。

 長澤さん夫妻の来館は3回目。大輔さんは「旅の途中に店から人が出てきて囲まれるなど、岩手の人は猫好きという印象がある。パネル展も好評のようで、不思議な縁に感謝している」と語った。石亀さんは「直接お会いすることができた」、同館の渡辺貴子上席主任司書も「大変光栄。来てくださってうれしい」と感激していた。

 パネル展は27日まで開催。同写真集の写真パネル18枚を展示している。

最終更新:2019/12/4(水) 9:28
岩手日日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事