ここから本文です

筑陽学園、王者・東福岡を撃破!11年ぶりの全国へ

2019/12/4(水) 17:55配信

高校サッカードットコム

 12月4日、第98回全国高校サッカー選手権福岡2次予選決勝がレベルファイブスタジアムで行われ、東福岡と筑陽学園が全国切符をかけて激突し1-0で勝った筑陽学園が全国大会出場を決めた。これで全代表校が出揃った。

 3年連続で同カードとなった福岡予選決勝。高校年代最高峰のリーグ、プレミアリーグWEST所属の東福岡とプリンスリーグ九州所属の筑陽学園の福岡頂上決戦は69分にFW過能工太郎が押し込み筑陽学園が均衡を破ると、そのまま逃げ切りに成功し11年ぶりとなる全国大会出場を決めた。7連覇を狙った東福岡だったが無念の敗退となった。

最終更新:2019/12/4(水) 17:55
高校サッカードットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事