ここから本文です

BMW Motorrad新型ビッグ・ボクサーは低回転トルク型 最新の技術を詰め込んだ古典的なレイアウト

2019/12/4(水) 19:00配信

バイクのニュース

低回転域から図太いトルクを発揮

 BMW Motorradは、これまで4台のコンセプトバイクに搭載してきた史上最大排気量の2気筒ボクサーエンジンの詳細を明らかにしました。

【画像】BMW Motorrad製ビッグ・ボクサー搭載車

 排気量1800cc(計算上では1801.76cc)の新型ビッグ・ボクサーでは、バルブの開閉タイミングを司るカムシャフトと、バルブを押し込むロッカーアームをプッシュロッドで連動させるOHV(オーバー・ヘッド・バルブ)式を採用しています。

 また、同エンジンでは1936年から1941年にかけて製造されたR 5 / R 51や、第二次世界大戦後初のボクサーエンジン搭載モデル「R51/2」と同じく2つのカムシャフトが備えられています。

 エンジンスペックにおいては、現行の「R1250GS」や「R1250RS」などに搭載されている空水冷4ストロークDOHC水平対向2気筒エンジンが、ボア×ストローク=102.5 mm × 76 mm、最高出力136PS/7750rpm、トルク約14.6kg/6250rpmであるのに対し、ビッグ・ボクサーではボア×ストローク107.1 mm×100mm、最高出力91PS/4750rpm、トルク約16.1kg/3000rpmとかなり低回転トルク型の味付けとされています。

搭載されるモデルはツアラー? ヘリテイジ?

 OHVという古典的なレイアウトと空冷/オイル冷却式ゆえのフィン付きシリンダー/シリンダーヘッドを備えることで、クラシカルな外観とされた同エンジン内部には、熱処理された高強度の鍛造クランクシャフトやコンロッド、アルミ鍛造のピストンほか、内壁にニカジルメッキを施した低抵抗のシリンダーなど、その見た目とは裏腹に最新の技術が投影されていました。

 さらに新型ビッグボクサーではデュアルイグニッション、最新のシリンダーヘッド燃焼室形状、インテークマニホールドインジェクション、最高のトルクと燃費性能を実現するBMS-Oエンジン管理システムなどが搭載されています。

 別体の6速トランスミッションハウジング、吸気システムなどを合わせれば合計110.8kgとかなり巨大なビッグ・ボクサーユニットは、現状どのようなモデルに搭載されるかは未定ですが、そのエンジン特性や外観、これまでのコンセプトモデルを見る限りではツアラーやヘリテイジとの相性が良さそうです。

バイクのニュース編集部

最終更新:2019/12/4(水) 22:02
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事