ここから本文です

史上最も白熱したバロンドール、メッシとファン・ダイクの差とは?

2019/12/4(水) 12:20配信

SPORT.es

メッシのこれまでのバロンドール受賞において、6度目となる今回ほど第2位との点数が僅差だったことは無かった。どのメディアも受賞第一候補にメッシを挙げていたにも拘わらず、2位のファン・ダイクとの差は僅か7ポイントでありバロンドール史上、最も白熱した首位争いとなった。

バロンドールの歴代受賞者一覧を公開!メッシが前人未到6度目の受賞

リヴァプール所属のオランダ代表DFファン・ダイクは、欧州CLでの優勝の立役者であり、同大会準決勝2ndレグではメッシのFCバルセロナを大逆転劇で破っている。

一方で、投票の結果はレアル・マドリーの不振をも象徴している。総投票ポイント2816点のうち、マドリー所属の選手が得たポイントは僅か1(カリム・ベンゼマ)である。
またベルギー代表エデン・アザールはチェルシーの不振が災いし、第13位に終わった。

大陸ごとに投票を解析してみると、レオ・メッシの大賞受賞の要員となったのがアフリカ大陸からの票の多さだった。ファン・ダイクはヨーロッパ大陸とアジア大陸で多くの票を得たが、メッシはアメリカ大陸、オセアニア、アフリカで多くの指示を得た。

SPORT.es

最終更新:2019/12/4(水) 12:20
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事