ここから本文です

スープジャーの温かいお弁当レシピ(7)豆乳クラムチャウダー

2019/12/4(水) 20:20配信

magacol

「お弁当にスープジャーを使っているけれど、メニューが広がらず困っている」という方の悩みを解決するレシピを、弁当家の野上優佳子さんに教えてもらいました。今回ご紹介するのは、汁ごと入れて簡単仕上げ!缶詰を使った「豆乳クラムチャウダー」のレシピです。

スープジャーの「ココが使える」!

「献立・盛りつけ・味のマンネリをコレひとつで解決できます」(野上さん)

●盛りつけを見せなくていい
●野菜をトロ火調理しているのと同じ
●炭水化物をとりすぎず、眠気防止に
●計量カップに材料を入れてレンチンでもOK

耐熱の計量カップに材料を入れてレンチンすれば、炒める、煮るなどの工程が不要です。

●保温・保冷でいつでも美味しい

温かい料理のときは熱湯を入れて2分置き、予熱を。

冷たい料理のときは氷で冷やしておくと、保温保冷が長持ち。

「豆乳クラムチャウダー」のレシピ

アサリの程よい塩気が豆乳でほっこりまろやかに

アサリの缶詰の塩気と、甘みのある豆乳が合わさって絶妙。豆乳で味わいも濃厚です。

【材料(410mlの容器1個分)】
・アサリ水煮缶…1缶(汁も含め約130g)
・ベーコン…1枚
・玉ねぎ…1/4個
・にんじん…10g(根元のほうを4cm分程度)
・じゃがいも…小1/2個
・オリーブ油…小さじ1
・豆乳(200ml入りの紙パック)…1個
・ブラックペッパー…少々
・塩…小さじ1/4程度
・パセリ…お好みで

【つくり方】
(1)玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、ベーコンはさいの目切り、パセリはみじん切りにする。

(2)すべての材料を耐熱の計量カップに入れて混ぜ、600Wの電子レンジで5分加熱する。

(3)予熱しておいたスープジャーにアツアツのうちに(2)を注ぎ入れ、すぐに蓋をする。

【つくるときのポイント】

130gのアサリ水煮缶を使用。味つけのために、汁ごと入れました。

豆乳は200mlのパックを使い切るとラク。計量カップで計る手間や余る心配もなし。

野上さんおすすめのスープジャー

背が高いのに広い口径で使いやすい

「容量たっぷりでシンプルなので男性にも」(野上さん)
STANLEY 真空フードジャー スリム φ8.1×H15cm 410ml ¥3,500(ビッグウイング)

今回教えてくれたのは弁当家 野上優佳子さん

株式会社ホオバル代表。30年以上お弁当をつくり続ける、小学生から社会人までの2女1男の母。お弁当関連の著書も多数、料理家だけでなくお弁当箱のプロダクト開発などコンサルタントも行っている。


撮影/北川鉄雄 フードコーディネート/野上優佳子 取材・文・コーディネート/酒井明子 構成/タカノマイ(Mart編集部)

Mart2019年10月号
ラクして続く「お弁当革命!」Part4 盛りつけいらずで時短に「スープジャー」大活用レシピ より

最終更新:2019/12/4(水) 20:20
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事