ここから本文です

もう買った?今からでも間に合う「アドベントカレンダー」~100均グッズで簡単手作り~

2019/12/4(水) 11:45配信

LIMO

ここ数年、クリスマスシーズンが近づくと話題にあがる「アドベントカレンダー」。欧米では古くからクリスマスイブまでの期間を楽しくカウントするために使われていました。日本でもお菓子会社やインテリアブランドから販売され、注目を集めているアイテムです。

でも市販のものを購入するとなると、出費が増えてしまう…と、買わなかった方もいるのではないでしょうか? そこで今回は100均などで手に入るアイテムを使った、アドベントカレンダーのDIYアイディアをご紹介します。

そもそもアドベントカレンダーとは?

アドベントカレンダーは12月1日からクリスマスイブである12月24日までの日々を、小さなプレゼントを開けながら楽しんでカウントするのに使うアイテム。市販されているアドベントカレンダーには、1から24の数字が書かれた小さな窓がついていて、その窓を開けるとお菓子や小さなおもちゃなどが入っているという形のものが多いです。

クリスマスにぴったりのカラフルなボックスの形のものや、あたたかさを感じさせてくれる三角屋根の家などに、数字のついた窓がついているというのが、典型的なアドベントカレンダーですが、100均のアイテムを使えば手軽に作ることもできますよ。

アイディア1.基本のカレンダータイプ

 1.画用紙+ポチ袋を使って

小さなポチ袋を使えば、手軽にアドベントカレンダーが作れますよ。作り方も数枚の画用紙を貼りあわせてから、家のような形にカットし、1から24までの数字を書いたポチ袋を貼りつけるだけと簡単。あとはポチ袋の中にお菓子や小さなおもちゃを入れれば完成です。

 2.プラダン+ラッピングバッグを使って

100均の人気アイテム、プラスチック段ボール。ハサミなどでカットできるうえに、画用紙よりも強度があるので、DIYにはもってこいのアイテムですね。

そんなプラダンに数字を書いたラッピングバッグを貼りつける方法もお手軽でおすすめ。ラッピングバッグを貼りつけるのにマスキングテープを使えば、何度でも貼ったりはがしたりができますよ。

1/3ページ

最終更新:2019/12/4(水) 11:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事