ここから本文です

流行りの父子帰省もアリ!?嫁だけじゃない!近づくお正月に悩むイマドキ姑のストレス

2019/12/4(水) 10:45配信

LIMO

帰省シーズンが近づき、今年も「義実家ストレス」の話題が早くもあがっています。普段と違う義実家の常識や風習に苦労するお嫁さんたち。しかし、実際にモヤモヤとストレスを溜めているのは姑だって同じです。今回、3人の60代お姑さんにお話を伺いました。

嫁の実家がチラつく!近所に住む嫁

Aさんの息子さん一家は、車で20分程の場所に暮らしています。お嫁さんも市内に住んでいたので、どちらの実家からもアクセスの良い場所に家を建てたそう。現在は2人の子供にも恵まれ、4人で仲良く暮らしているそうなのですが…。

「家を建てる際、我が家から近いのと同様に向こうの実家からもかなり近い場所を選んだので、お嫁さんのご両親がしょっちゅう来るのだろうな、とは思っていました。息子の家は我が家と大型スーパーの間にあるため、車で家の前を通ることもしばしば。

そのため、向こうのご両親が息子夫婦の家に来ていると駐車場に止められた車ですぐ分かってしまいます。お嫁さんが実母の方が頼みやすいのも十分わかりますが、こうも毎回来ているのがわかるとやっぱりモヤモヤ。

しかも、我が家に孫を預けるのが決まって同じ曜日なんです。それが向こうのお母さんの習い事の日なので『人手がない時だけ利用されている』という気持ちになるというか…孫たちからも向こうで買ってもらったおもちゃを見せられるので、もっとバレないようにやって、と思ってしまいます。

お正月も向こうの一族の都合に合わせてこちらに顔を出すので、優先してくれとまではいかないけれど、もっと実家の存在をチラつかせないでほしいですね。それと、自分が知らない息子の近況を向こうのお母さんに会ったときに知らされるのも、さみしい気持ちになるんですよね。」

嫁の街に住む息子

Bさんの息子さんは大学進学と共に上京し、東京近郊に実家のある女性と結婚したそうです。お嫁さんの実家の街は息子さんの会社にアクセスもよかったため、お嫁さんの実家付近に家を建てることに。

「うちの場合、向こうの両親が頻繁に出入りするのは最初から覚悟していました。ただ、婿にやったつもりはないので『年に一度はこちらにも顔を出すようにしてね』と伝えたんです。でも、年末になると息子がまとめて休みを取れないことを理由にいつも帰省せず。

孫も生まれたときにこちらから出向いて見せてもらったきり、気が付けば3歳です。さらに、お嫁さんが我が家に最後にやってきたのは4年前。いくら忙しいといっても、4年も身動きが取れないなんてことがあるのか、と夫婦でガッカリしています。お嫁さんに電話をしても、「いろいろあるので」とそっけない態度。

都会のお嫁さんに田舎は窮屈だと思ったので、親戚付き合いなども強要しなかったつもりなのですが…彼女にとって、私たちは義理の親と思ってもらえているのかすら、自信がありません」

1/2ページ

最終更新:2019/12/4(水) 10:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事