ここから本文です

「クリスマス」に「お年玉」…年末年始急増の「孫出費」、うまく抑えるには

2019/12/4(水) 11:45配信

LIMO

クリスマスやお年玉など、年末年始に向けてますます増える「孫出費」。可愛い孫に奮発してあげたいと思う一方、重なる出費に苦しむ祖父母世代も少なくありません。

うまく孫出費を抑えつつ、孫たちに喜んでもらうにはどうすればいいのでしょうか。気になる孫出費のデータもあわせてチェックしておきましょう。

周囲の孫出費はどのくらい?

あまり聞く機会のない孫出費の金額。周囲の人たちは、どのくらい孫に対してお金を費やしているのでしょうか。

ソニー生命保険㈱が実施した『シニアの生活意識調査2019』では、50~70代の男女1,000人のうち311人が「1年間に孫のための出費をした」という結果に。その平均金額は13万1,334円となっており、2017年の11万6,059円、2018年の12万8,269円と比べると年々増加している様子がうかがえます。

なお、その出費のうち主な項目は以下の通りです(複数回答可)。

1位:「おこづかい・お年玉・お祝い金」(78.3%)
2位:「一緒に外食」(47.8%)
3位:「おもちゃ・ゲーム」(38.3%)
4位:「本・絵本」(27.3%)
5位:「一緒に旅行・レジャー」(25.8%)

年末年始は孫出費のピーク!?

こうみると、現金を渡す出費だけではなく、飲食代やプレゼント代もかさみやすい項目のようです。とくに帰省シーズンでもある年末年始は、クリスマスプレゼントやお年玉を渡す祖父母世代も多いはず。孫に会えるのは嬉しいけれど、正直家計への影響が痛い…と嘆く、祖父母たちの本音を聞いてみました。

「年末年始になると、息子3人が孫たちを連れて帰省してくれます。孫の人数は全員で6人。お年玉だけではなく、滞在中の食材や外食費がかなりかさみます。入学や卒業を控えた孫には、早めのお祝いを渡すことも…。わが家にとって、1年間で最も支出が増える時期です」

「クリスマスになると、いつも孫たちが遊びに来ます。それは嬉しいのですが、ケーキやプレゼントを用意するのは私の役目。孫たちはそれぞれにプレゼントをリクエストするので、断るわけにもいかず…。もう恒例行事になっているので、仕方ないと諦めています」

「孫に会えるのは嬉しいが、長時間一緒にいると疲れてしまう…というのが本音です。小さい子の体力はすさまじく、遊び相手になるのも一苦労。ファミレスに連れて行けば外食代が増えるし、おもちゃ屋に連れて行けば何も買わないわけにはいかないし…金銭的にも体力的にもキツいです」

1/2ページ

最終更新:2019/12/4(水) 11:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事